絵本 絵本記録

絵本:でんしゃにのって/そらとぶねこざかな/だいくとおにろく 2019.8.14

投稿日:

2019.8.14絵本

2019年8月14日 3歳10ヶ月の子供に読み聞かせをした絵本です。

1.でんしゃにのって

2.そらとぶねこざかな

3.だいくとおにろく

1.でんしゃにのって

作:とよたかずひこ

とよたかずひこさんの作品は、娘が赤ちゃんの頃からとても大好きです。
なんで好きなのかなと不思議に思っていたのですが、先日とよたかずひこさんの講演を聞く機会がありました。
とよたかずひこさんは「子供の期待に応えるような絵本作りをしている」ということでした。
「つぎは ぞうだー ぞうだー」とアナウンスが流れた後、ぞうが電車に乗ってくる展開は、ストレート過ぎて大人には気恥ずかしく感じます。
しかし、そこで敢えてぞうを登場させるのが、とよたかずひこさん流の子供の期待に応える絵本作りなのです。
予想した展開が当たると、子供は嬉しいのだろうなと感じます。
また、「ガタゴトー ガタゴトー」という繰り返し言葉が、リズムが良くて楽しく読めます。
娘も繰り返し「読んで」とリクエストする、お気に入りの1冊です。

2.そらとぶねこざかな

作:わたなべゆういち

「ねこざかなのはなび」で花火の仕掛けが気に入った娘からのリクエスト。
今回のねこざかなは、竜巻に巻き上げられ、空高く舞い上がります。
ぐるぐるの仕掛けに娘は夢中です。
ねこざかなシリーズは毎回仕掛けが楽しみです。
このぐるぐるは、家でも作ってみようと思います。

3.だいくとおにろく

作:松井直/赤羽末吉

大工とオニのやりとりが面白い絵本です。
橋づくりを頼まれたけれど困っている大工の元に、オニが現れます。
「目玉をくれたら、橋をかけてやる」と持ち掛けられた大工は、「おれは、どうでもよい」と適当な返事をします。
そんな適当でいいの?と大工が心配になります。
約束を守って橋を完成させたオニは、大工に「目玉をよこせ」と詰め寄ります。
「まってくれ」と頼むと、オニは「おれの名前を当てれば許してやるぞ」と条件を出してくれます。
さて、大工はどうなるのでしょう。
オニは恐そうだけど真面目で、大工の方が適当でのん気でズルいなと思いました。
擬音語や言葉の表現が豊かで、昔話を子供に読んであげたい方におススメの1冊です。

関連記事

3歳の子供に人気の絵本/名作から新作までご紹介

ブログランキングに参加しています

絵本ランキング

-絵本, 絵本記録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019.5.11絵本

絵本:あれあれあれれ/あらしのよるに 2019.5.11

2019.2.1絵本

3歳4ヶ月の子供に読み聞かせをした絵本 2019.2.1

2018.5.23絵本

2歳7ヶ月の子供に読み聞かせをした絵本 2018.5.23

  ①うみの100かいだてのいえ ②うんちっち ③おトイレさん ④はみがきあわこちゃん ⑤おとうさんのかさ ⑥ぐりとぐらのおおそうじ ⑦かえってきたカエル ⑧ぐるぐるジュース   …

本とえんぴつ

3歳4ヶ月の子供に読み聞かせをした43冊のおすすめ絵本 2019年2月

子供が3歳4ヶ月の時に読み聞かせをした43冊の絵本です。 1ヶ月に読んだ回数を集計し、回数が多い順にランキングにしてまとめました。 絵本は『絵本ナビ』で検索をしたり、図書館で選んだりしています。 娘の …

2018.7.19絵本

2歳9ヶ月の子供に読み聞かせをした絵本 2018.7.19

  ①ねるじかん ②みずたまり ③へんしんトンネル ④かばんうりのガラゴ ⑤だれのじてんしゃ ⑥す~べりだい ⑦おはようジャッキー ⑧おばけかぞくのいちにち

プロフィール

毎日子育てに追われている主婦です。
趣味は読書で、
京極夏彦さん
池井戸潤さん
三浦しをんさん
などの作家さんが好きですが、今はなかなか読書の時間が取れません。
子供の絵本を読むことで読書欲を満たしています。